うさのグラーツ→日本での生活

オペラ座で働いていたうさが、13年半ぶりの日本を満喫!
カテゴリ:Lesen( 11 )
「母を恋して太る人、彼を愛してやせる人」
 日本で仕入れてきたうちの1冊。

これ→「母を恋して太る人、彼を愛してやせる人

a0072247_17165151.jpg



この人の本のタイトルって、私の感覚からすると一瞬ギョッとする物が多いのだけれども、食とストレスと人(特に母親)との関係についてつらつらと書かれていた。
それって考え過ぎ+男性としての偏った解釈じゃあ?・・・って思う事もあったけれども、なかなか面白かったよ。



オペラ公演などの待ち時間で、一気に読めてしまいました。



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2010-02-28 08:57 | Lesen | Comments(0)
「記憶力」
 ヨーロッパから日本に移動するのと比べて、こちらに帰って来た後は比較的時差に苦しむ事無く、さくっと仕事にも適応出来る・・・

・・・とはいえ、昨夜のヴェルレクのProbeでは後半は目がかすんでもうろう。
本番の指揮者さんが来られているのにぃ!


うぅっ、やばいやばい。


Konzertは2月28日と3月1日。
Musikverein Saalの Spielplanはこちらをごらんくださいな。


実はグラーツのMusikverein Saalって、音響が良い+とても美しいって知ってました?
a0072247_12503572.jpg


コンサートプログラムはこちら


SaalのPlanはこんな感じ


・・・て、こんな時間にアップしているのは、やっぱり目が覚めてしまったから。
あぁ〜あ。



飛行機の中で読みふけっていたうちの1冊「記憶力」。
a0072247_1238051.jpg




以前読んだ「集中力」よりはインパクトに欠けるけれども、これもなかなか面白かったですよ。
a0072247_12421184.jpg




内容紹介:
「集中力とは、終始一貫して、心の強さ以外の何ものでもありません」
何かを達成するためには、集中しなければなりません。
それは誰でも知っていますが、「自分には集中力がない」「今は集中できない」などを理由に諦めている人が数多くいます。
意識的に集中力を鍛えることは可能です。
本書の中には、集中力を鍛えるための実践的なエクササイズが詰まっています。

本業の弁護士のほかに、インド名「ヨギ・ラマチャラカ」などのペンネームを使い、生涯で100冊の書を残したウィリアム・ウォーカー・アトキンソン。
そんな彼が「セロン・Q・デュモン」と名乗って記した本書。東洋思想にふれながらも、「集中力」の大切さに迫っています。
全米ではいまだに読み続けられている一冊が、ポケットブックになって登場です!




なのだってさ。



引き続き荷物の整理(スーツケースの中身がまだ散らかっている)でもしてみるか。



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2010-02-24 04:45 | Lesen | Comments(0)
なぜ、男は「女はバカ」と思ってしまうのか
 平行して何冊か読んでいるうちの一つ。

なぜ、男は「女はバカ」と思ってしまうのか
a0072247_1339176.jpg


決して男性が女性をこけ落としているのでは無いよ。
男性と女性の考え方の違い等が書かれています。



オーストリア生活も来月(2月)でまる13年。
今はオペラ座でインターナショナル+難しい芸術家達の集団+ついでにゲイも多い・・・という同僚達に囲まれ、もうたいていの事では驚かなくなってきたけれども、同じ日本人でも男性と女性は異文化交流なのだと改めて脳の中を設定し直した。




オペラの待ち時間などに読む事が多いのだけれども、Einrufに気がつかないほど集中して読んでいる時もあるので気をつけなくっちゃ
(・・。)ゞ テヘ



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2010-01-15 21:31 | Lesen | Comments(4)
「集中力」
 オペラの待ち時間に流し読み出来るかと思って、日本で何気なく仕入れておいたこの本
a0072247_1334299.jpg

意外とおもしろい。

「1世紀に渡り読み継がれて来た不屈の名書」と書かれているのを読んだ時は、

またまた、大げさなぁ〜

・・って思ったけれども、何となく納得。



今日は朝からP.KONWITSCHNY氏との4時間立ち稽古です。
ぼぉ〜っとしてらんないからね・・・・・集中、集中!!!

お弁当作らなくっちゃ。


楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-12-04 07:32 | Lesen | Comments(2)
「しぐさ」を見れば心の9割がわかる
 何とか最後までもつかと思ったけれども、午後に向けて体温はぐんぐん上がるし、頭痛は激しいし、喉はパツパツに腫れているし、ムカムカする(昨夜、久しぶりに飲んだ赤ワインのせいでないと信じたい)しで、う〜んと考えた末に今夜のVorstellungは病欠届けを出してみた。

ここで無理して、来週1週間寝込む様なことになったらちょっとやだしなぁ〜
(今週はもう充分無理していたけどね・・・汗)

ということで、セントラルハイツングをガンガンつけてこの本を読んでいます。
a0072247_21572912.jpg


なかなか面白い・・・というか、読み進んでいるうちに、無意識に出ている行動ってこわいなぁ・・・と思った。
自分にも心当たりはあるし、誰かと話している時にふと相手の身振り手振りで「はっ」と思う事があり、そういうのが目に付きだすとなんだか複雑な気持ち。

ほんと、「見た目」はあなどれない。



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-11-08 16:47 | Lesen | Comments(2)
京の宝づくし 縁起物
 日本から送っていた書籍の船便がやっと到着しました。
2ヶ月もかかってる・・・・・何処かに行ってしまって、もはや手元には届かないかと心配しました。


・・・で、その中の1冊、京の宝づくし 縁起物をムキムキと読んでいます。
a0072247_68715.jpg


母方の亡くなった祖父は上京区、祖母は中京区出身で、日常生活も和装で過ごしている様な「粋」な人達でした。
これを読んでいると、子供の頃に当たり前に身の回りに起こっていた+何かたいそうやなぁ〜・・・と思っていた行事が京都独特の物だとも知って新鮮。

かれこれ12年近くヨーロッパ生活と言う事もあり、忘れかけていた(すっかりと忘れていた)事が徐々に思い起こされ、時間がたつのを忘れて読みふけってしまいました。


ほんまに京都で生まれ育ったん???・・って突っ込みは無し!


今年は白みそでお雑煮でも作ろうかな。


オペラ公演での待ち時間に楽屋で読んでいたので、うっかりとEinrufを聞き逃さないか心配したよ。(笑)


楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-10-21 23:31 | Lesen | Comments(0)
浮気しちゃった・・・
 「今読んでいるのを読みきるまでは、他のものに手を出さないぞ!!!」
・・・と気合いを入れたのもつかの間、ごっそりと心が移ってしまい、今はこれをムキムキ読んでいます。

心理分析ができる本
a0072247_16365363.jpg



もともと心理学関係の本は大好き。


友人、知人に対してはたいていの事は受け入れOK+気にならない(鈍いとも言うかもしれない)タイプ。(汗)

・・・・・でも、何かのきっかけで一度出来てしまった心の壁はほぼ崩れないと言うか、崩すのに大変な労力+時間がかかると言うのが、対人関係おける私の最大の欠点。
言葉には出さないけれども、「目」が口以上に物を言っているらしく、チラっと見ただけなのに、私が何を考えているのかとってもよくわかる・・・と、よく指摘される。

なるべく事務的+冷静+面倒なアフターケアー無しで人と接する事が出来る様になりたいのであ〜る。(笑)



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-05-16 09:00 | Lesen | Comments(0)
たまには・・・
 オペラ公演での待ち時間中は、常に時計を気にしながらなので他の事にあまり集中出来ない。

・・・で、知人から借りて最近楽屋内で+引き続きこの連休も利用して読んだ(読んでいる)本。

世界で一番ロマンチックな海
a0072247_32606.jpg




倉橋由美子の怪奇掌篇
a0072247_3272641.jpg




世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
a0072247_3262468.jpg




私を知っている人は、
「え・・・うささん、こんなのも読むんだぁ〜」
・・・と、思うはず。(笑笑笑)

もともと時代小説好きだけれども、たまにはこういう軽めのをまったりと読むのもよろしいねぇ。


楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-05-05 00:15 | Lesen | Comments(0)
世界のなかの日本
 部屋の暖房を全て入れてヌクヌクにし、暖かい紅茶を片手に汗をかきかきベットに潜って一気に読んでしまいました。
対談形式でさらっと書かれていたので、病人でもOK。(笑)

世界のなかの日本
a0072247_6375879.jpg



ドナルド・キーン氏からは異なる文化を知っているからこそ出て来る言葉というのもあって、妙に納得して読みました。



留学したばかりの頃、
「日本に武士はまだいるの?」

とか

「日本にいる日本人はまげを結っているの?」

とか

「普段、着物着て生活してるの?」

など、幾度と無く聞かれた事も思いだしたりして。。。
ちなみに1998~2000年の話ですよ。
もちろん今はそんな変な事は聞かれません。(笑)





うぅ・・・胃が痛いデス。(シクシク)
薬で胃が荒れてるのかなぁ・・・



楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-01-30 00:30 | Lesen | Comments(0)
「前世」からのメッセージ
   
a0072247_5565156.jpg


 本のタイトルを見て、


「おぉっ」


と思ったあなた!
私は時代小説ばかり読んでいる訳ではないのです。(笑)


心理治療のところは、何となくしんきくさくて(汗)読み飛ばしちゃったり、やけに宗教色が強かったりして胸焼けした部分もあったけれど、全体としてはなかなか興味深かった。
たまにはこういう本も面白い。



ふむふむ、愛情は受けないと与え方も分からへん物なのだね。
これかぁっ・・・と感じる事も多かった。
精神的に他人を受け入れる為にも、もっともっと自分を知らないといけないなぁ。。。



最近こういう系統の本を読む事が少なかったので、改めて読んでいろいろ考えちゃった。


特にこういう仕事をしていると「心の動き」に敏感でありたいし、その為にも出来る限り「自然体」でありたい。
(優柔不断という意味では無くて・・・)




付録Aの「宗教に共通する価値観」。
(また、おぉっと思わない様に・・・笑)
何だか良い事書いてありましたよ。




ほんま、普通に生きようよ・・・みんな。(汗)


楽しんでいただけた方は人気blogランキングへクリックをお願いします。
[PR]
by y-graz | 2009-01-12 00:05 | Lesen | Comments(0)


by y-graz
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
リンク
最新のコメント
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
最もモーツアルトにふさわ..
from dezire_photo &..
オペラとオペレットとミツ..
from dezire_photo &..
flemtam.com/
from flemtam.com/
nike air max..
from nike air max w..
nike air max..
from nike air max s..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧